短期返済なら消費者金融でお金を借りることもあり

短期返済なら消費者金融でお金を借りることもあり

MENU

短期返済なら消費者金融でお金を借りることもあり

返済が短期間にできるのであれば消費者金融のキャッシングでも利息の心配はそれほどではありません。
消費者金融の金利は高金利ではありますが、大手であれば上限金利が18.0%です。
金利は利息を決めるための計算式の中の一つの項目であり、金利だけで決まるものではありません。
借入金額、金利、利用日数、この3つの項目で利息が計算されています。
この計算式の土台のうち、実は金利以上に重要になるのは利用日数です。
利用日数が短いのであれば消費者金融を利用しても利息はそれほど膨れ上がるものではありません。
実際に計算をしてみましょう。

3万円の借り入れを3か月で完済するときの消費者金融と銀行カードローンの違いです。
・消費者金融金利18.0%で借り入れた場合
返済額・・・1〜2回目10,301円、3回目10,302円
利息総額・・・904円
・銀行カードローン14.5%で借り入れた場合
返済額・・・1〜2回目10,242円、3回目10,243円
利息総額・・・727円
もし、消費者金融の返済方法が手数料無料の方法で、銀行カードローンの利用手数料有料の返済方法を使ったとすれば充分に逆転するだけの金額の差です。
それほど気にする利息の違いではないということがお分かりになるでしょう。
消費者金融は金利が高いと敬遠されがちになりますが、短期間に完済ができる金額であれば充分に利用し甲斐があります。

消費者金融最大の特徴は金利が高いということだけではありません。
もはや短期返済ではそれほど利息の違いがないということがわかれば気にするべきはサービス内容です。
消費者金融でお金を借りるサービスの内容に定評があります。
申し込みから融資を受けるまでのスピードと方法の豊富さ、借り入れや返済もまた同様に素早く種類も豊富に用意されています。
例えば消費者金融でも特徴的な方法としては即日融資、振込キャッシング、インターネット返済があります。
それぞれをご説明していきましょう。

「即日融資」

申し込みをしたその日のうちに借り入れができる、それが即日融資です。
銀行カードローンでも一部で即日融資ができるところがあります。
自動契約機を設置している新生銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンがありますが、限られているものであり選択肢は少なくなっています。
消費者金融であれば自動契約機以外でもインターネット申し込みでも即日融資の可能性が高くなっています。
インターネット申し込みで即日融資を希望する時には振り込みによる借り入れになるため振込キャッシング対応時間までには契約、振込キャッシング依頼を完了させなくてはなりません。
手続きのすべてをインターネット内で完結させることができる、これも消費者金融の便利な特徴です。

「振込キャッシング」

指定の銀行口座に借り入れ金額を振込してもらう借入方法です。
振り込みでの借り入れになるため銀行の振込み対応時間つまり営業時間内でなくてはなりません。
平日の9時から15時、それが振込キャッシングが瞬時に行われる時間です。
それ以外の時間になると翌営業日の営業開始時間に振り込みが実施されることになりますので気をつけなくてはなりません。
ただし、プロミスなら三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座、アコムなら楽天銀行口座を振込キャッシングの受取口座にしている場合には24時間いつでも振込キャッシングが実施されています。

「インターネット返済」

会員サービス内から行うインターネット返済は、インターネットバンキングを使った返済です。
手数料は無料であり、返済が即座に反映されるため非常に便利な方法です。
実は消費者金融を利用したい一番の理由といってもいいかもしれません。
返済の計画を立てるときには月に一度の返済だけではなく余裕があるときには積極的に返済ができる環境を整えておくことが必要です。
インターネット返済はいつでも返済ができるだけではなく手数料が無料、インターネットにつながる環境さえあればそれがパソコンからでもスマートフォン、携帯電話からでも可能です。
利息を抑えるための最大のポイントは利用日数の節約です。
それができる環境にあるのは消費者金融ということになるでしょう。